放置しててもアクセスがあるサイトとアクセス0になるサイトの違い

アフィリエイトをやってる人なら、
「ブログは更新頻度が命」
という言葉を一度は聞いた事があると思います。

最低、月1、2回は更新を続けないとアクセスが徐々になくなり、やがて0になります。

逆に言えば、アクセス0になったサイトでも定期的に更新を再開すると、アクセスが戻ってきます。

しかーし、完全放置でもアクセスを呼ぶタイプのブログもあります。

放置してアクセス0になるサイトと、訪問者が絶えないサイトの違いはどこにあるかというと…

どれだけニッチな記事を書いているか

という事です。

もう書き尽くされたようなテーマの記事の場合、更新を止めるとライバルサイトとの更新競争に負け、順位が落ちていきます。

しかし、ライバル不在のニッチな記事の場合、
更新を止めてもアクセスを呼び続けます。

現に私は更新を止めて3年ほど経つブログを持ってますが、ある悩み系キーワードでアクセスを呼び続けています。

ライバル不在だと、更新頻度はあまり関係なくなるようです。

その記事は狙って書いた訳ではないので、結果オーライな部分があります。
これからアフィリエイトを始める人や、
記事を更新してもなかなかアクセスが増えない人は、
何でも良いので色んなキーワードで記事を書いてみてください。
ジャンルを絞る必要も無いと思います。
お宝キーワードを発掘するのは記事更新が第一なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました