WordPress

データベース追加手順(さくらのレンタルサーバー)

更新日:

さくらのレンタルサーバーではデータベースを20個まで作成できます。
サイトごとにデータベースを作成しておくと、管理しやすいだけでなく表示速度の低下を抑える事ができますので出来るだけサイトごとにデータベースを用意しましょう。

【1】コントロールパネルにログインし、左メニューの「アプリケーションの設定」>「データベースの設定」をクリック。
「データベースの設定」をクリック

【2】ページ上部の「データベースの新規作成」をクリック。
shinki

【3】必要事項を入力する

データベースの新規作成

(1)データベース バージョン: 特にいじらなくてかまいません。

(2)データベース名:適切な名前をつけます。私の場合、1ドメインにつき1データベースと決めているので、ドメインを省略したものを付けてます。

(3)データベース文字コード:「UTF-8」を選択します。

(4)最後に、「データベース作成する」をクリック。

以上でデータベースが追加されました。
WordPress等をインストールするページで、作成したデータベースが選択できるようになっています。

新しいデータベースが選択できるようになっています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とーま

とーま 本業:昼間はデザイナーをやって、副業でサイトアフィリエイトやってます。通勤時間にiPhoneから作業することがほとんど。月収は5万前後ですが、大事な家計の足しになってます。 ⇒もっと詳しく

よんでほしい記事

1

美容ブロガー亀山ルカ(@RUKAv2)さんとブログ飯で有名な染谷昌利(@masatoshisomeya)さんの共著「本気で稼げるアフィリエイトブログ」。 Twitterでフォローしてる方々の間で好評で ...

2

サイトのヘッダーやアイキャッチに不可欠な写真素材。イイ感じの写真が揃ってる写真素材(フォトストック)サービスを厳選して紹介します。 写真AC 国産のフォトストックサービス。いきなりですが本命です。私は ...

-WordPress
-,

Copyright© ちょこばこ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.