UpdraftPlusの復元に失敗して管理画面に入れなくなった時に対処したこと

道具・ツール

WordPressの管理画面が少しおかしくなってたので、
UpdraftPlusでデータ復元を使って行ったりきたり復元してたら、
データがどっかで壊れてサイトが表示できなくなり、
おまけに
「更新の必要はありません この WordPress のデータベースはすでに最新のものです !」
と表示され管理画面に入れなくなった。

色々調べてると、これはdb-cache-reloaded-fixというプラグインの干渉で起こる現象らしいが、
このプラグインは使ってないしたぶんUpdraftPlusを使った際の誤操作なので
前例記事も見つからなくて、詰む。

どうにもならないので、FTPで入って一度WordPressのデータをまるっと削除。
エックスサーバの管理画面から自動インストールし直し、
UpdraftPlusも再インストール。
Dropboxに貯めておいたバックアップファイルをアップロードし、
そこから慎重に復元を行うことによって復帰。

稼ぎ頭のサイトだし純広告でお客様の広告も運営してるので、
今回ばかりは本当に生きた心地がしなかった。
マジで、マ、ジ、で、血の気が引きました。

バックアップ体制含めて、今一度気を引き締めて管理を見直そうと思います。

ちなみに

Updraftplusの事を調べてるとこんな記事が。

害悪WordPressプラグイン「Updraftplus」は絶対に入れるな!ディスク容量を圧迫してデータベースを破壊 | りんログ

うむむ。
記事によるとUpdraftPlusはディスク容量を圧迫して、データベースも壊すとの事ですが、僕自身UpdraftPlusの仕様を把握してないので鵜呑みにはできませんが…。
確かにFTPでサーバの中のプラグインフォルダを見てると、UpdraftPlusが大量にデータを作ってたな〜。

この記事のことも頭に入れつつ、別のバックアップ体制も検討しても良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました