これからの時代、仕事は2つ持つべき

何年か前、前職の上司と酒を飲みながら話してた時のこと。

今の会社で新規案件が減ってて困ってる事、仕事が欲しい事を話したところ…

「新しい仕事取るなら個人でやりなよ。これからの時代、ダブルインカムじゃないとダメだよ」
と言われました。

確かにここ数年、
「二足のわらじを履くべき」

といったことが言われるようになり、
今日も
いつ、今の仕事がなくなるかわからない激動の時代、2つ以上の仕事をもつこと
のような記事が上がってました。
二足のわらじを提唱する人は徐々に増えていると実感します。

副業を認める企業も増えています。

思えばバブル崩壊後は
リストラが流行し、
「終身雇用の時代は終わった」
なんて言われてましたが、

当時はまだ、そうは言っても終身雇用的なものを心のどこかで信じてましたし、
転職すれば何とか…
という空気がありました。
少なくとも「二足のわらじ」という働き方は今ほど提唱されてませんでした。
時代の流れを感じます。

アフィリエイトと本業で相互に収入を支える

私の本業はグラフィックデザイナーです。

一応、「手に職」を持ってる事になりますが、アフィリエイトに力を入れてるからといって、デザインの仕事を捨てるつもりはありません。

ただ、グラフィックデザイン業界が今のまま職業として成り立ち続けるのかは疑問があって、デザインの仕事で食べていけなくなった時の保険としてアフィリエイトをやっています。

アフィリエイトもまた、いつまで続くビジネスか分かりません。
アフィリエイトは「プラットフォーム依存のビジネス」と言われています。
ASPが「アフィリエイトプログラム廃止しまーす」と言ってしまったが最後、アフィリエイターは即死です。

現にYahooアフィリエイトが廃止になってますし、Amazonアソシエイトもジリジリと報酬単価を下げています。
そんな現実を見越して、アフィリエイトがダメになった時の保険としてデザインの仕事は続けるつもりです。

つまり、2つの仕事が相互的に保険になっています。

たまに、情報商材の販売ページの
「奴隷のようなサラリーマン生活、いつまで続けてるんですか?」
みたいなキャッチを真に受けて
稼げないうちから専業アフィリエイターになろうとする人がいますが、
余程の理由がない限りやめた方がいいです。

アフィリエイトとは別に、本業も力を入れてスキルアップする事をおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました